ヤマト、沖縄とシンガポールのパーツセンターが連携…スピード配送を提供

業界 レスポンス

沖縄ヤマト運輸と、東南アジア地域統括会社ヤマト・アジア傘下のシンガポールヤマト運輸は、8月から両社の「パーツセンター」を連携させ、総在庫量マネジメントとシンガポール国内へのスピード配送を開始すると発表した。

沖縄ヤマトは2013年7月に、那覇空港に隣接した沖縄パーツセンターからアジア地域へのスピード供給を開始し、国内メーカーの海外展開を支援してきた。今回更に在庫の一部を、シンガポールパーツセンターで保管し、出荷することで、シンガポール国内へのスピード配送を実現する。

新サービスでは、シンガポールに在庫を保管するため、シンガポール国内へのすばやい配達が可能となる。両拠点の在庫管理の状況をシステム上で可視化できるため、過剰な在庫を持つ必要がなくなる。

また、沖縄からシンガポールには日々貨物便が飛んでいるため、在庫を常に補充することができ、シンガポールには必要最低限の在庫を保管するのみで、総在庫量を圧縮できる可能性がある。

シンガポール国内で、メンテナンスが必要な保守パーツを迅速に調達することが可能になるため、顧客は購入時、必要最小限のパーツを購入するだけで導入が可能になり、初期コストを抑えることができる。

今回、ファーストユーザーとして東芝自動機器システムサービスの在庫パーツを沖縄とシンガポールに分散し、総在庫量マネジメントとシンガポール国内へのスピード配送の運用を開始する。

今回構築した総在庫量マネジメントができる新たな物流ネットワークを、シンガポール以外の地域にも拡大していく方針。

  • 編集部
  • 沖縄ヤマトの沖縄パーツセンター《画像 ヤマトホールディングス》
  • 沖縄ヤマトの沖縄パーツセンター《画像 ヤマトホールディングス》
  • 沖縄ヤマトの沖縄パーツセンター《画像 ヤマトホールディングス》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ