コンチネンタル、ドイツ政府の高度自動運転プログラムを主導

業界 レスポンス

タイヤをはじめ、世界有数の自動車部品サプライヤーとして知られるドイツの コンチネンタルは8月18日、ドイツ政府の高度自動運転プログラムにおいて、主導的役割を果たしていると発表した。

この高度自動運転プログラムは、「Ko-HAF協調型高度自動運転」と呼ばれるもの。ドイツ政府の経済エネルギー省が立ち上げた共同研究プロジェクトで、コンチネンタルは参加16社の調整役を務めている。

研究の目的は、高速での高度な自動運転を実現すること。ドライバーは、高度自動運転中は常にシステムを監視せずに済み、その代わり一定の期間、車に運転作業を引き継がせる。コンチネンタルによると、ドライバーはその空いた時間に、例えば電子メールの読み書きができるようになるという。

プロジェクトは、6月に始動。Ko-HAFの総予算は3630万ユーロ。このプロジェクトは、2018年11月まで継続される予定。

コンチネンタルのシャシー&セーフティー部門アドバンストエンジニアリング部の高度運転支援システムおよびオートメーションの責任者で、Ko-HAFプロジェクトのコーディネーターを務めるステファン・ルーク氏は、「この研究の取り組みによって、最も重要な最高レベルの道路の安全性を確保しつつ、自動運転の実現に向けて大きく前進できる」と述べている。

  • 森脇稔
  • コンチネンタル者が考える自動運転へのロードマップ
  • コンチネンタルの高度な運転支援システム(イメージ)
  • コンチネンタル者が考える自動運転へのロードマップ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ