ニチユ三菱フォークリフト、ディーゼル式フォークリフト「グリンディア」を販売

新車 レスポンス

ニチユ三菱フォークリフトは、新型エンジンを搭載したディーゼル式フォークリフト「グリンディア」(2.0〜3.5トン積)を9月1日から販売開始すると発表した。

今回のモデルチェンジでは、新開発の「グリーン・アドバンスド・ディーゼル」エンジンを搭載した。コモンレールとEGR(排出ガス再循環装置)の採用で、排出ガス規制2014年基準に適合する。先代のエンジン排気量はそのままに、ターボレスによる低回転域での力強さを実現する。オペレーターの繊細なアクセルワークにリニアに反応する高い操作性を実現し、同時に燃費も20.4%低減した。

また、高度なエンジンコントロールとDOC(ディーゼル用酸化触媒)の採用により、DPF(ディーゼル微粒子除去装置)レスを実現、後処理装置のメンテナンスが不要となる。今回のモデルチェンジでは、環境負荷低減と高いエンジン性能の両立、オペレーターに対する各種サポート機能を標準搭載し、安全装備の充実を図った。

価格は定格過重2500kgのFDE25Tが389万4000円。

  • 編集部
  • 「グリーン・アドバンスド・ディーゼル」エンジン型式D04EG《画像 ニチユ三菱フォークリフト》
  • 2.5トン積ディーゼル式フォークリフト「グリンディア」《画像 ニチユ三菱フォークリフト》
  • 「グリーン・アドバンスド・ディーゼル」エンジン型式D04EG《画像 ニチユ三菱フォークリフト》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ