【DIYショー15】商品情報を“タッチ&ピッ”でゲットできる「デジタルPOP」…エンパイヤ自動車

業界 レスポンス

エンパイヤ自動車は、「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2015(DIYショー)」において、オリジナルブランド「Gneed」のタイヤチェーンや「デジタルPOP」と名付けた店頭向け情報提供システムを展示した。

カーショップやカー用品店の商品陳列棚には、商品紹介動画を流し続けるディスプレイがもはや当たり前のように取り付けられている。そのためにカー用品の売り手の立場では、ライバルから一歩先を行く動画による店頭での情報提供が必要とされる。

デジタルPOPシステムは、小型カラーディスプレイとバーコードリーダーをセットにしたもの。一般ユーザー(来店客)は、気になる商品のバーコードをシステムのバーコードリーダーでスキャンすれば、その商品紹介の動画をオンデマンド方式のビデオで見ることができる。画面に映す動画などは、同社とカー用品メーカーが協力して作成する。新規動画の入れ替えはSDカードで簡単に行うことが可能。一般ユーザーはいつでも新しいカー用品情報を店頭で入手できる。

カー用品は、ユーザーニーズの変化やより高機能な材料に対応し改良を行っているが、その際、同じような「かたち」をしていても中身はレベルアップしている、ということも珍しくない。デジタルPOPは、そのことを一般ユーザーにゲーム感覚でアピールできるメリットもあるシステムだ。

  • 中川聖治
  • エンパイア自動車 オリジナルブランド「Gneed」のタイヤチェーン《撮影 中川聖治》
  • DIYショー15 エンパイヤ自動車ブース《撮影 中川聖治》
  • 店頭向け情報提供システム「デジタルPOP」《撮影 中川聖治》
  • エンパイア自動車 オリジナルブランド「Gneed」のタイヤチェーン《撮影 中川聖治》
  • DIYショー15 エンパイヤ自動車ブース《撮影 中川聖治》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ