【MotoGP 第12戦】ヤマハ ロッシ、今季4勝目でランキングトップに返り咲き

モータースポーツ レスポンス

8月30日、英国・シルバーストーンサーキットでMotoGP第12戦の決勝レースが行われ、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)が今季4度目の優勝を飾り、ランキングトップに返り咲いた。

決勝スタート直前に雨が降り出したシルバーストーン。すでにドライ・レースが宣言されていたため、ウエット・タイヤに交換してピットレーンからスタートするか、あるいはスリックのままグリッドからスタートするか、難しい判断が迫られた。

ウォームアップ・ラップを終えたライダーたちは全員がピットに戻りマシンを交換。その結果を受けてスタート時間を遅らせることとなり、周回数も20ラップに短縮された。

25分後、ロッシが4番手グリッドから絶好のスタート。3位に上がってマルク・マルケス(ホンダ)を追い、2ラップ目に入るところでこれをパスして2位に浮上した。次にチームメイトのホルヘ・ロレンソを照準にとらえてペースアップしトップに躍り出る。その後はマルケスの追撃を受けるが、プレッシャーをはねのけて常にハイペースをキープ。ベテランらしいレース巧者ぶりでレースをコントロール。ロッシを追うマルケスは13周目、転倒しリタイアとなった。

その後は、ダニノ・ペトルッチ、アンドレア・ドビツィオーゾのドゥカティ勢が追撃するも、ロッシは1.5秒のアドバンテージをキープするべく、その後も懸命にプッシュ。残り2ラップまでにさらに1.5秒リードを拡大し、3.010秒のアドバンテージをもって真っ先にチェッカーを受けた。

今季4勝目を飾ったロッシはチームメイトのロレンソに12ポイント差をつけ、ランキングトップに返り咲いた。

■MotoGP 第12戦

1位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)

2位:ダニノ・ペトルッチ(ドゥカティ)

3位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)

4位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)

5位:ダニ・ペドロサ(ホンダ)

6位:スコット・レディング(ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)236P

2位:ホルヘ・ロレンソ(ヤマハ)224P

3位:マルク・マルケス(ホンダ)159P

4位:アンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)150P

5位:アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)120P

5位:ブラッドリー・スミス(ヤマハ)115P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
  • バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ