高速路線バス運行の富士セービングバスが倒産…負債総額は8億4724万円

業界 レスポンス

東京商工リサーチによると、高速バス「旅の散策バス」を運行する富士セービングバス(東京都台東区)が8月12日、東京地裁より破産開始決定を受けた。負債総額は8億4724万円。

同社は1996年8月より金券ショップ運営を開始して本格稼働し、2009年6月にはツアーバスを運行する関連会社、富士セービングバスを吸収合併するとともに現商号に変更、金券ショップ運営と第2種旅行業におけるツアーバス運行で事業を展開していた。2010年6月期には売上高28億3056万円をあげていたが、新規参入業者の増加で過当競争に巻き込まれ、2013年6月期には売上高18億4218万円に落ち込み、収益も低調な状況が続いた。

そのような中、2013年8月にはツアーバスが旅行業から乗合バス(高速路線バス)事業としての道路運送法適用に変更され、自社での停留所設置や運転手1人あたりの走行距離上限厳格化に伴う長距離運行の2人体制などで費用がかさむようになった。また、金券ショップも競合や交通機関のチケットレス化で売上が伸び悩んでいた。

東京〜大阪路線の運行業務を他社に事業譲渡し、金券ショップ事業からも撤退することでしのいできたが、業績悪化に歯止めがかからず、残りの東京〜名古屋、東京〜仙台の各路線も廃止、今回の措置となった。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ