【フランクフルトモーターショー15】レクサス GS 改良新型、欧州仕様車を初公開へ…2.0ターボ新搭載

新車 レスポンス

レクサスは8月25日、ドイツで9月15日に開幕するフランクフルトモーターショー15において、改良新型『GS』の欧州仕様車を初公開すると発表した。

改良新型GSは8月中旬、米国で開幕したペブルビーチコンクールデレガンスにおいて、ワールドプレミア。現行GSのデビュー以来、初となる大幅な改良を実施。外観は、フロントマスクを中心に、イメージチェンジ。バイLEDヘッドランプも採用。内装は、さらなるプレミアム性が追求された。

この改良新型GSの欧州仕様車が、フランクフルトモーターショー15で初公開される予定。現時点では、米国向けと同様、「GS 200t」グレードの設定がアナウンスされている。

GS 200tは、新型SUVの『NX』から導入が開始されたダウンサイズユニットを搭載。直噴2.0リットル直列4気筒ガソリンターボは、米国仕様では、最大出力241hp、最大トルク35.7kgmを発生。トランスミッションは、8速ATを組み合わせた。

レクサスは、このGS 200tのエンジン性能について、「滑らか」と表現している。

  • 森脇稔
  • レクサス GS 改良新型
  • レクサス GS 改良新型
  • レクサス GS 改良新型
  • レクサス GS 改良新型
  • レクサス GS 改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ