GMの米工場、環境エンジンの累計生産100万基…4年半で達成

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMは8月27日、米国ミシガン州のフリント工場における1.4リットルエンジンの累計生産台数が100万基に到達した、と発表した。

この1.4リットルは、「エコテック」と呼ばれる環境志向のダウンサイジングのガソリンユニット。GMの小型車に、広く搭載されている。

フリント工場は2002年に稼働。1.4リットルエンジンの組み立てを開始したのは、2011年初頭。シボレー『ボルト』をはじめ、『クルーズ』、『ソニック』などに搭載する。

累計生産100万基は、生産開始からおよそ4年半で達成した記録。ダウンサイジングエンジンに対する需要が増しており、生産数が増えた。

フリントエンジン工場のテリ・バーデン工場長は、「累計100万基のエンジン生産の達成は、常に重要なマイルストーン」と述べている。

  • 森脇稔
  • 2011年当初の1.4リットルエコテックエンジン(参考画像)
  • GMの米国ミシガン州フリントエンジン工場
  • 2011年当初の1.4リットルエコテックエンジン(参考画像)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ