ヤマハ、4輪オフローダー新型を北米などへ導入…ROV第4弾

モーターサイクル レスポンス

ヤマハ発動機は、ROV(Recreational Off-highway Vehicle)第4弾となる、2人乗りピュアスポーツモデル『YXZ1000R』を、9月から北米市場などで発売する。

ROVは、業務やレクリエーショナル、スポーツまで、北米を中心に幅広い市場で需要が高まっており、2014年米国の総需要は約24万台となっている。同社はこれまで、マルチパーパスモデル『VIKING』『VIKING VI』、レクリエーショナルモデル『Wolverine』を導入し販売を拡大してきた。

今回発売するYXZ1000Rは、荒地や砂漠などさまざまな環境でのスポーツ走行を想定したピュアスポーツモデルで、これにより、業務・レクリエーショナル・スポーツと、顧客ニーズに幅広く応えるラインアップを完成させた。

YXZ1000Rは、新開発の水冷3気筒998ccエンジンと業界初のシーケンシャルマニュアル5速トランスミッションの組み合わせで、エキサイティングな走行性能を実現。また、新規専用開発の前後サスペンション、優れた乗り心地、操作性に寄与する27インチ専用タイヤと14インチアルミ製ホイールなどを装備。さまざまな地形を走破できるポテンシャルを備える。

ラインアップには、スタンダード仕様に加え、ビードロックリムなどを採用し、イエロー地にスピードブロック模様をあしらった同社創業60周年記念仕様を「YXZ1000R SE」として設定した。

価格は1万9799米ドル(約238万円)から。公道走行不可。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ヤマハ YXZ1000R SE
  • ヤマハ YXZ1000R
  • ヤマハ YXZ1000R
  • ヤマハ YXZ1000R
  • ヤマハ YXZ1000R SE
  • ヤマハ YXZ1000R SE
  • ヤマハ YXZ1000R SE
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ