【スズキ ソリオ 新型発表】スイフト の乗りあじ目標に…アルト の軽量ボディ開発活きた走り

新車 レスポンス

スズキが8月26日に発表したコンパクトサイズのミニバン『ソリオ/ソリオ バンディット』。AWD(4輪駆動)も含め、全モデルが車重1トンを切るという超軽量仕立てを大きな特徴としている。

軽量ボディは燃費や運動性能の向上にはプラスだが、乗り心地については不利に作用することも多い。新型ソリオはどうなのだろうか。乗り心地やハンドリングをバランス良く仕立てるシャシーチューニングを手がけたエンジニアは、同社のコンパクトハッチバック『スイフト』に近い乗り味を持たせることを目標に開発したという。

「新構造の軽量ボディを採用したモデルの第1弾は今年前半に発売した『アルト』でした。私はそのシャシーチューニングも担当したのですが、セッティングは当初思ったよりずっと難しいものでした。ボディの質量が小さいと、路面からのちょっとした入力でも車体が上下に揺すられやすくなる。ソリオでも同じ難しさを味わいました」

スイフトの足回りは国産コンパクトカーの中では出色とも言える仕上がりを持つことで定評がある。全高も重心高も高いソリオで同水準のハンドリングと快適さを実現するのは物理的に難しいが、それでもアルトで大幅軽量化に挑んだことで見つかった新しい課題の解決を模索した経験はいろいろな形で生かされているようだ。

先般、アルトを370kmほどテストドライブしたところ、快適性については最低限の域を出ないレベルであったが、ハンドリングについては軽さが目いっぱいプラスに作用して、タイヤが向いた方向にスパッと曲がっていく爽快感があった。

ソリオ・ハイブリッドの車両重量は950kgと、絶対的には軽めのコンパクトカーと同等だ。が、5人乗りのコンパクトハイトワゴンのライバルと比較するとトヨタ『スペイド』より220kg、ホンダ『フリードスパイク』より370kgも軽く、ハイトワゴンでありながら運動性への期待も持てそうだ。アルトは交差点を曲がるときやちょっとしたレーンチェンジでも軽さを実感できたので、ディーラーで試乗するさいには軽快さと乗り心地のバランスがどうかという点もチェックしてみるといいだろう。

  • 井元康一郎
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ