【ジャカルタモーターショー15】ショー会場にシトロエンの楽園が出現…珍しい車種も発見

新車 レスポンス

8月にジャカルタ市内のJIエキスポで開催された「インドネシア・インターナショナル・モーターショー(IIMS)」。会場中央広場にはテントがも設けられ、そこにはオールド・シトロエンが集結していた。

このテントは「BAZAAR BAGASI IIMS」と呼ばれるエリア。クルマ関連のさまざまなグッズが販売されるフリーマーケットなのだが、シトロエンのオーナーズクラブが協力。珍しいシトロエン車を見られる場ともなっていた。

『2CV』は言うに及ばず、その後継モデルとして登場した『ディアーヌ』、それにオープンボディのオフローダー『メアリ』などは日本でも比較的知られている。しかしアフリカをはじめとする「第三世界」向けとして1970年代に販売されていた『FAF』は、まず目にすることがないだろう。

FAFは2CVをベースにしながら製造工程を簡略化して安価に抑えるため、きわめてシンプルなボディを持つ。このため市場や販売店ごとに独自のキャビンや荷室を設定することもできたのだが、簡便すぎたためか「二線級」というイメージを与えてしまい、販売は振るわなかったと伝えられる。

また「フルゴネット」と呼ばれ親しまれているものとは異なった2CVのバン仕様もあり、訪れたマニアの目を楽しませていた。

  • 古庄 速人
  • 「BAZAAR BAGASI」にはシトロエン車が集結した《撮影 古庄速人》
  • 「BAZAAR BAGASI」にはシトロエン車が集結した《撮影 古庄速人》
  • まるで店舗ディスプレイのようなシトロエンFAF《撮影 古庄速人》
  • シトロエンFAF。奥にはディアーヌが見える《撮影 古庄速人》
  • シトロエンFAF。かなりのカスタマイズが施されているようだ《撮影 古庄速人》
  • シトロエンFAF。かなりのカスタマイズが施されているようだ《撮影 古庄速人》
  • シトロエン2CVキャラバン《撮影 古庄速人》
  • シトロエン2CVキャラバン《撮影 古庄速人》
  • シトロエン・メアリはどれもカラフルに彩られていた《撮影 古庄速人》
  • シトロエン・メアリはどれもカラフルに彩られていた《撮影 古庄速人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ