【スズキ ソリオ 新型発表】広さ、ユーティリティ、ソリオらしさの追求

新車 レスポンス

スズキ『ソリオ』のフルモデルチェンジでは、広さの追求、ユーティリティの向上、ソリオらしさの追求の3つのキーワードでインテリアは開発されたという。

まず広さ間の追求について、スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課の江口裕司さんは、「先代ソリオのドアを開けた時に、こんなに広いんだといってもらえた。その小さなサプライズ、期待を超える部分は今回も継承して、進化させていきたい」とコメント。

次に、ユーティリティの向上は、「先代ソリオにも様々なユーティリティがあったが、使われていないものや使いにくい部分が意外に多かった」と振り返る。その一例として江口さんは、「助手席前に小さなトレイがあったが中途半端で使いにくかった。コンソール下にあったトレイも使いにくくウォークスルーの邪魔だった」と述べ、「ユーザーが本当に求めている機能、レイアウトを精査して、もう一度見直した」

そして最後はソリオらしさをスタイリングで表現することだ。今回でソリオも3代目になることから、「スタイリングでもソリオらしい表現があるのではないか。そろそろそういう輪郭が見えて来ているのではないかと考えた」と江口さん。そこで、先代のユーザーに対してグループインタビューを行い、ソリオらしさを聞いた。

その結果、ある夫婦の回答が全てを表していた。「奥様はいわゆる女性向けのママミニバンみたいなクルマがあまり好きではない。一方ご主人は女性向けのデザインは自分としては気恥ずかしい。そこで夫婦が合意して、選ばれたのがソリオだということが分かった」という。

そこで、「少し男性寄りでしっかりと力強いスタイリングが、他のミニバンとは違うソリオのポイントではないかと思っている。インテリアにおいても、しっかりと機能的に、力強く見える部分を大切にしている」と話し、これら3つのポイントを具現化したのが新型ソリオだと語った。

  • 内田俊一
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ(左)とソリオバンディット(右)《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ バンディット ハイブリッド MV《撮影 太宰吉崇》
  • スズキ ソリオ ハイブリッド MZ《撮影 太宰吉崇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ