シボレーの主力中型セダン マリブ が累計生産1000万台

業界 レスポンス

米国の自動車最大手、GMのシボレーブランドは8月31日、『マリブ』の累計生産台数が1000万台に到達した、と発表した。

マリブは、GMの米国ベストセラーセダン。トヨタ『カムリ』やホンダ『アコード』と競合するミッドサイズセダン。初代マリブは、1964年に発売。累計生産1000万台は、初代の発売からおよそ50年で達成した記録となる。

現行マリブは2015年春、ニューヨークモーターショー15で発表されたばかり。現在、マリブは、世界25以上の市場へ投入されている。

主力市場は、米国、中国、韓国。シボレーによると、この3か国で、マリブの全販売のおよそ90%を占めるという。

GMのグローバルシボレー担当、アラン・ベーティ社長は、「マリブは半世紀以上の間、顧客に支持されてきた車」と述べている。

  • 森脇稔
  • 新型 シボレー マリブ
  • 新型 シボレー マリブ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ