【ジャカルタモーターショー15】戦車から日本の旧車まで、まさに「乗り物フェスティバル」なIIMS

新車 レスポンス

8月にジャカルタ市内のJIエキスポで開催された「インドネシア・インターナショナル・モーターショー(IIMS)」では、乗用車以外の展示も充実。インドネシア大統領の専用車や軍用車、カスタマイズモデルなどが並んで「乗り物イベント」として楽しめる内容となっていた。

インドネシア陸軍は「IIMS MILITARY ZONE」コーナーを展開。戦車と装輪装甲車など4種の軍用車を2台ずつ展示した。プレスデーでもタイミングが合えば装甲車の内部に入ることも可能だったようで、車内での記念撮影に成功した日本人メディア関係者も。展示ホールでは大統領がパレードに使用する専用車のうち3台が展示されていた。

また広場のテントにはインドネシア国内のカスタマイズショップのブースが並び、レストア技術の高さやセンスの良さを窺い知ることができた。「アルスティン・オートモティブデザイン」の真紅のトヨタ『クラウン ハードトップ』は、多くの日本人メディア関係者が印象に残ったと語っている。

モーターサイクルのカスタマイズショップ「ホワイトカラーバイク」のオーナーは「自分でアイデアを構想してスケッチを描き、作品を製作してるんです。商品として作っているつもりではなかったのですが、いつのまにか商売になってしまいました」と語る。現在も顧客のオーダーでカスタマイズするのではなく、あくまで自分の作品として作ったものが売れているのだという。

国際的なモーターショーとしての役割はGIIASに奪われた格好となったIIMSだが、「新車販売会場」としての役割は変わっていない。また、代わりとして自動車メーカー以外の出展者が一気に増えたのは喜ばしい変化だ。

いくつものブランドの車種を集めた4輪2輪それぞれの共同試乗エリアも設けられるなど「クルマを中心とした乗り物フェスティバル」というカラーが鮮明になったことは、インドネシアの市場やモータリゼーションの発展にも寄与できることだろう。

来年もIIMSは、GIIASとは別に開催されることが決定している。それぞれのイベントが個性を明確化し、うまく共存できることを祈りたい。

  • 古庄 速人
  • 陸軍の主力軽戦車「FV101スコーピオン」《撮影 古庄速人》
  • 特殊部隊「コパスス」が使用する歩兵機動装甲車「ブッシュマスター」《撮影 古庄速人》
  • インドネシア国産の装輪装甲車「APS-3 アノア」《撮影 古庄速人》
  • ロイヤルエンフィールド『クラシック・ミリタリー500EFI』はほぼ市販モデルそのまま《撮影 古庄速人》
  • 「ミリタリーゾーン」風景《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車は3台が展示されていた《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、ビュイック『スーパー』(1949年型)《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、ビュイック『スーパー』(1949年型)《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、クライスラー『ウィンザー』(1947年型)《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、クライスラー『ウィンザー』(1947年型)《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、キャディラック『シリーズ75 フリートウッドリムジン』(1964年型)《撮影 古庄速人》
  • 大統領専用車、キャディラック『シリーズ75 フリートウッドリムジン』(1964年型)《撮影 古庄速人》
  • アヤックス社の空港用化学消防車《撮影 古庄速人》
  • アヤックス社のブース《撮影 古庄速人》
  • レストアとカスタマイズが施されたトヨタ『クラウン ハードトップ』《撮影 古庄速人》
  • レストアとカスタマイズが施されたトヨタ『クラウン ハードトップ』《撮影 古庄速人》
  • レストア中のトヨタ『ランドクルーザー(40系)』《撮影 古庄速人》
  • カスタムショップ「ホワイトカラーバイク」の作品《撮影 古庄速人》
  • カスタムショップ「ホワイトカラーバイク」の作品《撮影 古庄速人》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ