ゼンリンデータコムの混雑統計事業、IoTサービスにBIGLOBEが参画

テクノロジー レスポンス

ゼンリンデータコムは、同社が展開する「混雑統計」のIoTサービスに、ネットワークパートナーとしてBIGLOBEが参画すると発表した。

第一弾として、情報通信研究機構(NICT)、ソーシャル・ビッグデータ利活用・基盤技術の委託研究に採択された「はたらく車プロジェクト〜公用車等の徹底活用によるビッグデータ利活用モデルの構築〜」において連携を開始した。

「はたらく車プロジェクト」では、自治体の公用車、バス等の公共交通の車両、事業者の業務用車両などに、位置情報等をリアルタイムに取得するセンサーを設置。公用車等からリアルタイムで取得したデータを解析することで、道路の路面性状(凸凹)を観測。定期的に路面の損傷状況を把握することで、より効率的な道路管理や修繕計画の高度化が期待されている。そのほか、車両の走行ルート等と自治体保有データとの掛け合わせによる都市計画の高度化など、公用車ビッグデータ活用による 「効率的な都市経営の実現」するデータ利活用モデルの構築と、その社会実証を行う。

同プロジェクトでは、2014年より兵庫県加古川市などで研究活動を行ってきたが、今秋より加古川市の400台弱、ほぼ全ての公用車にセンサーを設置し、公用車のIoT化を図る。また、今後、加古川市以外にもフィールドを拡大し、公用車500台規模での実証活動を進めて行く予定。同プロジェクトでは、各種センサーにBIGLOBEが提供するデータSIMを利用するほか、小型専用端末も設置するなど、BIGLOBEが有するIoT端末との連携も行う。

BIGLOBEはMVNO事業者として、「はたらく車プロジェクト」にモバイル通信サービス「BIGLOBE LTE・3G」を提供し、500台の公用車向けセンサーで取得したデータをリアルタイムで「混雑統計」Iotプラットフォームに送信する。また、IoT端末としては、Androidを搭載した小型端末「BL-01」を提供し、センサーにより道路の舗装状況や位置情報データ取得を行う。小型IoT端末「BL-01」は、9月下旬より企業向けに開発・検証用として限定販売を開始する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ