【フランクフルトモーターショー15】ブリヂストン、3つのエリアで製品や技術を紹介

業界 レスポンス

ブリヂストンは、9月15日〜9月27日の期間、ドイツのフランクフルトで開催される「フランクフルト国際モーターショー2015」に出展すると発表した。

今回のブースでは、ブリヂストングループが取り組む「イノベーションで一人ひとりを支える」をテーマに、「イノベーティブな世界観」と「心地よい、おもてなし空間」をベースに、「環境」「安全・安心」「ワクワク」「プレミアム」のメッセージを3つのエリアに分けてグループ製品や技術を紹介する。

「技術イノベーションゾーン」では、狭幅化によって空気抵抗を低減し、大径化により転がり抵抗を大幅に低減する独自の低燃費タイヤ技術「ologic」を搭載した「ECOPIA with ologic」を装着し、世界的なソーラーカーレース「ブリヂストン・ワールド・ソーラー・チャレンジ2013」に参戦したマシンを展示する。「ランフラットテクノロジー採用タイヤ」、「エアフリーコンセプト」などの商品・技術も紹介する。

「プレミアムカテゴリー商品ブランドゾーン」では、グローバルプレミアムブランドであるポテンザ、トランザの代表的な商品を展示する。また「ポテンザ・レーシング・タイヤ」を装着しニュルブルクリンク24時間耐久レースに出走した車両「レクサスLFA」も展示する。

「ファイアストン・ブランドゾーン」では、「ファイアストン」ブランドのヒストリーや、同社グループが独占してタイヤ供給しているインディカーレース展示用車両などを展示する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ