テスラ、「モデル3」を2年以内に生産へ…低価格EVセダン

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズ。同社のトップが、新型EVの生産計画を明らかにした。

これは9月2日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、自身の公式Twitterページで明らかにしたもの。同CEOは、「『モデル3』の生産を2年以内に開始したい」とつぶやいている。

モデル3は、『ロードスター』、『モデルS』、今秋発売予定の『モデルX』に続く、テスラモーターズの第4の市販EV。

ロードスターはオープン2シータースポーツ、モデルSはセダンタイプだった。そして、モデルXはクロスオーバー車となる。果たして、モデル3とは、どのようなEVなのか。

イーロン・マスクCEOは、「ボディが小さく、価格を抑えたセダン」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • テスラモーターズのイーロン・マスクCEOの公式Twitter
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ