【スズキ ソリオ 新型発表】スズキで2機種目、センターメーター採用の理由

新車 レスポンス

フルモデルチェンジしたスズキ『ソリオ』はセンターメーターを採用。スズキとしては2機種目である。

スズキ四輪技術本部四輪デザイン部インテリア課の江口裕司さんは、先代ソリオのインテリアと比較し大きく違う点は、「立体感、起伏、断面の強さだ」という。「先代のインパネは乗員の目の前に同じような(構成の)面がつるんとあって、少し退屈に見えたり、圧迫感があった」と振り返る。

そこで新型では、「起伏を付けることで機能感が高まり、同時に全体の造形の見どころ(視線が自然に集まるところ)も必然的に生まれた」と話す。

また、先代との大きな変化では、センターメーターを採用したことも大きい。スズキでは『ツイン』以来の採用だ。今回の採用は、視認性向上とともに、広さ感の追求が目的だ。江口さんは、「メーターがバイザーも含めてドライバーの目の前にあるよりは、中央上部付近にあった方がすっきり感は高まる」とコメント。

また、「センターメーターによって、(インパネ周りの)佇まいがかなり堂々と見せることが出来る。更にシルバーの加飾をインパネ上部に入れることで、より強調出来た」と述べる。

通常加飾のシルバーは塗装されるが、このインパネ上部の加飾は材着(材料着色)のシルバーである。江口さんは、「今回は新しいトライだ。これまで開発していたSSPP(スズキスーパーポリプロピレン)を使った。これは、過去『エスクード』のバンパーなど実績はあるが、インテリアで使うのはおそらく初めてだと思う」と述べる。「通常よりは光輝感も高くウェルドライン(樹脂成型時にある条件下で発生する細い線)も発生しにくい技術なので、今回採用に踏み切った」と語った。

  • 内田俊一
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ《撮影 内田俊一》
  • スズキ ソリオ(左)とソリオバンディット(右)《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ