トヨタ、人工知能研究を加速…米トップ2大学と研究センター設立

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、米国のマサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学・人工知能研究所(CSAIL)およびスタンフォード大学のスタンフォード人工知能研究所(SAIL)と、人工知能に関する研究で連携していくことに合意したと発表した。今後5年間でトヨタは、合計約5000万ドルの予算を投じ、CSAILおよびSAILそれぞれと連携研究センターを設立する。

両連携研究センターでは、自動車やロボット、情報サービスなど将来の製品開発に幅広く応用することを目指し、様々な環境における物体の認識、高度な状況判断、人と機械との安全な相互協調などを実現するための研究、を推進する。

またトヨタは、米国国防総省の国防高等研究計画局(DARPA)が主催する災害救助用のロボット競技大会「DARPA ロボティクス・チャレンジ」の元プログラムマネージャー、ギル・プラット博士を招聘、自動車やロボットの知能化研究を強化していく。同氏は両連携研究センター設立にも関わっているだけでなく、今後実施する研究やその活用についても助言を得ながら推進する。

トヨタの専務役員で技術開発本部長の伊勢清貴氏は、「今回の連携では、クルマに留まらず、お客様の暮らし全般をより良いものにすることを目標に、研究に取り組んでいく。人工知能研究の最先端を走る米国のトップ2大学および、プラット博士との協力のもと、これまでにない新たなテーマに挑戦 し、トヨタの研究開発を大きく飛躍させていきたい」と述べている。

  • 宮崎壮人
  • トヨタ専務役員 伊勢清貴氏
  • 記者会見の様子
  • トヨタ専務役員 伊勢清貴氏
  • ギル・プラット博士
  • トヨタCSRC所長 チャック・グーラッシュ氏
  • スタンフォード人工知能研究所のフェイフェイ・リ教授
  • マサチューセッツ工科大学のコンピュータ科学・人工知能研究所、ダニエラ・ラス教授
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ