【フランクフルトモーターショー15】ロールスロイス、「ドーン」を初公開へ…レイスのオープン版か

新車 レスポンス

英国の高級車メーカー、ロールスロイス・モーターカーズ(以下、ロールスロイス)は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15において、新型車の『ドーン』を初公開する。

ドーンは、ロールスロイスの伝統のネーミング。その名前が、初めて使われたのは、1949年のこと。1950‐1954年には、28台のドロップヘッドボディを生産。その後、1997年には、『シルヴァースピリット』の後継車に、『シルヴァードーン』の名前が冠されている。

ロールスロイスは5月、2016年に新型車のドーンを発売すると宣言。現時点では、新生ドーンの詳細は明らかにされていないが、2013年春、ジュネーブモーターショー13で発表された最上級クーペ、『レイス』のオープン版(いわゆるドロップヘッドクーペ)なる可能性が高い。

なおロールスロイスは、ドーンの予告イメージを3点公開。クラフトマンシップにあふれた室内の仕上がりが見て取れる。

  • 森脇稔
  • ロールスロイス・ドーンの予告イメージ
  • ロールスロイス・ドーンの予告イメージ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ