クラシックカーレースの入門イベントにビンテージクラスが登場…TBCCシーズン3・第2回開催

モータースポーツ レスポンス

9月6日、3年目を迎えたTokyo Bayside Classic Cup(TBCC)の第2戦が、袖ヶ浦フォレストレースウェイにて開催された。主催はTBCC事務局。

1972年までに生産された車両にエントリー資格のあるこのイベントは、今回で10回目を迎えた。当初より人気があり、回を重ねるごとにエントリー数が増え、今回は全カテゴリーを合わせて90台と、大盛況であった。

レースは車両の改造度合いと、ドライバーの力量に応じてクラブマンズ、クリスタル、スーパークリスタル、ハイパークリスタルの5カテゴリーに分けられ、入門クラスのクラブマンズには33台がエントリー。ほぼフルグリッドの状態であった。前回から新たに追加されたハイパークリスタルは、クリスタルとスーパークリスタルのドライバーのスキルが向上し、また、参加台数が増えていることから、ラップタイム等を考慮し、最も速いカテゴリーのハイパークリスタルが追加された。

更に、今回の最大の特徴は戦前車のビンテージクラスが新たに設けられたことがある。今年に入って、サーキットを戦前車で走ることが出来るイベントが無くなってしまったことから、興味のある向きのは朗報だ。今回は告知があまりされなかったこともあり、参加台数は7台にとどまったが、今後は参加台数の増加が期待できよう。

そして、このイベントはクラシックカーでサーキットを気軽に走るための入門という立場も取っていることから、上記カテゴリー以外に、スポーツ走行枠も(レース形式ではなく、また参加車両も自由)設けている。これまでは、比較的新しいクルマも多く走っていたが、今回は1台を除きクラシックカーで占められ、また、これまでスポーツ走行枠で走っていたドライバーが、クラブマンズなどに移行し、レースを楽しむようになって来ていることから、クラシックカーレースへの入門というスタンスが浸透してきていることが伺われた。

次回、11回目も同じ袖ヶ浦フォレストレースウェイで12月13日に開催予定だ。

  • 内田俊一
  • フルグリッドに近い33台がエントリーしたクラブマンズカップ《撮影 内田俊一》
  • TBCCシーズン3・第2回開催《撮影 内田千鶴子》
  • TBCCシーズン3・第2回開催《撮影 内田千鶴子》
  • クラブマンズカップスタート《撮影 内田俊一》
  • 激戦のクリスタルカップ《撮影 内田俊一》
  • 第1コーナーでロータス コーティナのインを刺すMGB《撮影 内田俊一》
  • まるで往年のジム・クラークがドライブしているかのような、フロント内側のタイヤが浮く、ロータス コーティナの典型的なコーナリングフォーム。《撮影 内田俊一》
  • ジェンセン ヒーレーはスポーツ走行に参加《撮影 内田俊一》
  • 最も速いクラスのハイパークリスタルカップ《撮影 内田俊一》
  • ジャガー XJ6Cは少々サイズを持て余し気味《撮影 内田俊一》
  • ロータス同士のバトル《撮影 内田俊一》
  • シュノーケルを背負ったフィアット X1/9《撮影 内田俊一》
  • アルファロメオ同士のバトル。エンジンの唸りが聴こえてきそうだ《撮影 内田俊一》
  • フォグランプなどでモディファイされたポルシェ911Tはスーパークリスタルに参加《撮影 内田俊一》
  • 全員そろって記念撮影《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ