日産 エクストレイル ハイブリッドで燃費トライアルしてみた…コツは「EVモードにこだわらない」

エコカー レスポンス

日産『エクストレイル ハイブリッド』を使った、メディア向け燃費トライアルイベントに参加してみた。

エクストレイルハイブリッドは、1モーター2クラッチというハイブリッド方式。モーターがジェネレーターを兼用する方式で、エンジンが切り離され、モーターのみで走るEVモードがあるのが特徴。レスポンスチームとして参加した筆者の作戦は、とにかくEVモードで走ること。あとは、エコランの基本、エアコンは切って根性で走る…だ。

結果を先に話してしまおう。燃費は17.5km/リットルで、28媒体中19位というなんとも中途半端なものだった。トップの燃費を記録した媒体は19.4km/リットル、最下位が15.0km/リットル。JC08モード燃費は20.0km/リットルなので、どの媒体もJC08モード超えは達成できなかったことになる。全体としての平均は17.8km/リットルだったので、カタログ値の90%程度は達成していた。

今回のトライアルコースは、日産のグローバル本社(神奈川県・横浜)から、富士ヶ嶺おいしいキャンプ場(山梨県・南都留郡)まで。道程は首都高から保土ヶ谷バイパス経由で、東名高速〜圏央道〜中央道〜一般道。キャンプ場の標高はおよそ1000mなので、横浜の地下駐車場からスタートしたことを考えれば、ほぼ登りでのトライアルとなった。

復路は富士ヶ嶺から富士宮市街を通り、東名高速〜保土ヶ谷バイパス〜首都高という道程で18.6km/リットルの燃費を記録している。これはエコランを気にせず、エアコンもオンで走った数値だ。

自分なりになぜ、燃費を伸ばすことができなかったかを分析した。最大の要因は、EV走行を意識しすぎたこと。走行中にエンジンが始動すると、そのエンジンを停止したいがために、アクセルを緩めてエンジンを停止する。ところがまたすぐにエンジンは始動してしまう。その際、エンジン回転は2000回転程度まで上がってしまう。この繰り返しが燃費を悪くした第一の原因だと思う。

というのも、富士ヶ嶺に到着してから少し時間に余裕があったので、周囲を走り回って燃費を稼いだ。このときにはすでにEVにこだわることがムダなことだと気づいていたので、それを考えずに走るとドンドン燃費が上がっていったからだ。

もうひとつは瞬間燃費計を表示できなかったこと。平均燃費から瞬間燃費に表示を変更することが上手くできなった。やはり燃費を向上するには、その瞬間の燃費を知り、どの行為が燃費にどう影響しているかを考えないとならない。

エクストレイルハイブリッド…意外と大きく燃費を意識しないで、ムダがないように普通に走ると燃費がいいということが判明。それだけに、大きくも、悔しい収穫だった。

  • 諸星陽一
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
  • エクストレイル ハイブリッド エコラン競争《撮影 関 航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ