【ギフトショー15】路線図をプリントしたiPhoneケース、無電源でLEDが光る…電子技販

テクノロジー レスポンス

iPhoneケースにもいろいろあるが、電子技販(本社・大阪府吹田市)がつくったものほどユニークで芸術的なものはないかもしれない。なにしろ金メッキで首都圏の路線図がプリントされ、東京駅がLEDで光るようになっているからだ。

首都圏のほかに、関西、京都、ニューヨーク版もあり、それぞれ大阪駅、京都駅、エンパイアステートビルが光るようになっている。「iPhone自体が発する電波を電力に変換し、昇圧することLEDを光らせています」と北山寛樹社長。

同社は産業機械や社会インフラの制御基板などを設計製造している会社で、北山社長が東京へ出張に首都圏の路線図を見た時に「回路基板に見えた」ということでこの商品を思いついたそうだ。

価格はiPhone6用が1万3000円で、iPhone6プラス用が1万4000円。販売は北山社長がアート雑貨と考えているので、主に美術館で行っている。「一番人気は首都圏になりますが、日本の町工場がつくった“Made in Japan”のものということで評判はいいです」と北山社長は嬉しそうに話す。

文字通り、一味違うiPhoneケースをほしい人にはもってこいの商品化もしれない。しかも、乗り換えに迷った時はこのケースを見ればよいので、非常に便利なものと言えそうだ。

  • 山田清志
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ