【フランクフルトモーターショー15】BMW M6 に「コンペティションエディション」…600hpの特別モデル

新車 レスポンス

ドイツの高級車メーカー、BMWは9月3日、『M6』の「コンペティションエディション」の概要を明らかにした。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。

BMWは2015年5月、M6に新しい「コンペティションパッケージ」を設定。これは、M6シリーズの『M6クーペ』、『M6カブリオレ』、『M6グランクーペ』に用意されるオプションパッケージ。エンジンのパワーアップをはじめ、さらなる高性能が追求された。

M6シリーズのエンジンは、BMW M社がチューニングした直噴4.4リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。このユニットは、ノーマル状態で、最大出力560hp/6000-7000rpm、最大トルク69.3kgm/1500-5750rpmを引き出す。

新コンペティションパッケージでは、最大出力を40hp引き上げ、600hpを獲得。従来のコンペティションパッケージに対して、25hpの上乗せ。トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「M DCT」。新コンペティションパッケージは、0-100km/h加速3.9秒と、従来モデルよりも0.2秒速い。最高速は250km/h(リミッター作動)。オプションのMドライバーズパッケージでは、リミッターが解除され、最高速は305km/hに到達する。

フランクフルトモーターショー15で初公開されるコンペティションエディションは、M6クーペの新コンペティションパッケージ装着車がベース。特別なボディカラーの採用をはじめ、CFRP(カーボンファイバー強化樹脂)製パーツによる軽量化、専用レザー内装の追加などが行われる。

  • 森脇稔
  • BMW M6 の新コンペティションパッケージ(参考画像)
  • BMW M6 の新コンペティションパッケージ(参考画像)

関連ニュース

goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ