ドライブレコーダー、2015年上半期の販売台数は5割増の29万台…GfKジャパン調べ

業界 レスポンス

GfKジャパンは、2015年上半期(1-6月)のドライブレコーダーの販売動向を発表した。

ドライブレコーダー市場は製品の認知度上昇とともに拡大を続け、2015年上半期の販売台数は前年比50%増の29万台に達した。参入メーカーも前年同期から1.3倍増え、50社を上回った。また、高機能化により平均価格が上昇しており、販売金額は前年比86%増となった。

2015年上半期は、高機能モデルの伸長が目立った。衝撃検知機能を搭載する製品の数量構成比は、前年上半期の3割強から2015年上半期には倍増し、7割に迫った。また、高画質化も進んでおり、動画記録画素数200万画素以上の製品は前年同期の4割強から約6割を占めるまでに拡大した。

2015年に入り、カーナビやレーダー探知機等の車載用機器と連携する製品も増加しており、ドライブレコーダーのさらなる需要増加が見込まれる。ただし、購入率は年代によって差が見られ、60歳代が8%である一方、30歳未満は3%と極めて限定的。今後の拡大のためには、若年層への訴求が課題となりそうだ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ドライブレコーダーの販売台数推移
  • 動画記録画素数別数量構成比
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ