【VW ゴルフ GTE 発売】3つのドライブモードで「奥さんに隠れてスポーティな走りも」…シュタイン代表

新車 レスポンス

9月8日、フォルクスワーゲン(VW)グループジャパンは、同社の主要モデル『ゴルフ』をベースにした初のプラグインハイブリッド(PHEV)『ゴルフGTE』を発売した。

ゴルフGTEのパワートレインは、最高出力150psを発生する1.4リットルのTSIエンジンと、最高出力109psの電気モーターを内蔵した6速DSGで構成される。駆動用バッテリーは、エネルギー容量8.7kWhのリチウムイオンバッテリーを採用した。

さらに、3つのドライブモードも用意。ゼロエミッションの電気自動車として走る「E」モードと、エンジンと電気モーターを効率良く駆動して走る「HV」モード、そして従来のHVやPHVにはないパワフルでスポーティな走りを楽しめる「GTE」モードだ。ドライバーはいつでも自由に走り方を選択することができる。

Eモードでは最高130km/hまで(欧州測定値)電気モーターで加速、そのまま巡航することも可能だ。HVモードでは23.8km/リットルの低燃費を実現。GTEモードでは、コンパクトスポーツカー『ゴルフGTI』から受け継ぐスポーティな走りが可能になり、1.4リットルTSIエンジンと電気モーターが同時に作動することで、停止状態から100km/hまで7.6秒で加速することができる。

3つのドライブモードついて、発表会で登壇したスヴェン・シュタイン代表取締役は「奥さんがいる人は、環境に良いクルマがいいと言われるかもしれない。ゴルフGTEなら環境に良い走りもできるし、奥さんが見ていない時はGTEモードでスポーティな走りを楽しむこともできる」と笑いを誘った。

価格は499万円。最大38万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。

  • 関 航介
  • フォルクスワーゲングループジャパン スヴェン・シュタイン 代表取締役《撮影 小松哲也》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
  • ゴルフ GTE 発表会《撮影 関 航介》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ