【BMW X5 プラグインHV 発表】開発責任者「荷室スペースで一切妥協しない」

新車 レスポンス

ビー・エム・ダブリューは9月8日、SUVタイプのプラグインハイブリッドモデル『X5 xDrive40e』の受注を開始したと発表した。価格は927万〜993万円で、納車は12月以降を予定している。

X5 xDrive40eの開発責任者を務める独BWMのゲルハルト・ティール氏は同日、都内で開かれた発表会で「我々が一番重要だと考えたのは荷室スペースで一切妥協しないこと」だと明かす。

X5 xDrive40eには『BMW i8』で初採用したプラグインハイブリッドシステムを搭載している。ティール氏は「我々がBMW iのノウハウをX5に活用したのは、BMW iの省スペース設計をX5でうまく生かすためで、コンポーネントを追加しても荷室スペースを犠牲にしない形で設計することができた」と語る。

プラグインハイブリッドシステムのうち高電圧バッテリーを荷室の下に搭載したことで、「トランクのフロアは(ベース車に比べ)2〜3cm上げている」ものの、「荷室スペースは500〜1720リットルを確保している。家族全員でゴルフバックを積んで長距離ドライブに出ることが可能」とティール氏は強調する。

さらに「高電圧バッテリーを荷室の下に搭載したことは衝突時の安全性においても理想的であり、重量配分の面でも最適。また燃料タンクも一切犠牲にせずに85リットルの容量を確保している」とも語った。

  • 小松哲也
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
  • 独BWM X5 開発責任者 ゲルハルト・ティール 氏《撮影 小松哲也》
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
  • BMW X5 xDrive40e 発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ