【メルセデスベンツ S300h 発表】燃費20km/リットル超えは「本気度の証明」

新車 レスポンス

メルセデス・ベンツ日本から発売された『S300h』は、日本初クリーンディーゼルハイブリッドである。

S300hは専用にチューニングを行った2.2リットル直列4気筒ブルーテックエンジンに、高効率の電気モーターを組み合わせたもので、ディーゼルエンジンは1600回転という日常で頻繁に使う回転域から、最大500Nmの大トルクを発生。このエンジンに電気モーターを組み合わせることで、「最新のV8ガソリンエンジンと同等のトルクを発揮する。発進時にはアクセルを踏んだ瞬間から高効率の電気モーターが、2トンを超えるSクラスのボディを滑らかに発進させる」とその走りを説明するのは、同社営業企画部商品企画1課マネージャーの木下潤一氏だ、

更に、「電気モーターだけが作動するため、Sクラスならではの圧倒的な静粛性を確保している。高速道路での追い越しなど、パワーが必要な場合にはディーゼルエンジンとの相乗効果で圧倒的な加速を実現する。この過程でもディーゼルエンジンの音や振動を感じさせることはほとんどない」とその印象を語る。

S300hの燃費はJC08モードで20.7km/リットルだ。メルセデスのフラッグシップモデルでありながら、この燃費を実現出来たのは、「クリーンディーゼルハイブリッドならではのものであり、また、メルセデスがこのモデルにかける本気度を証明するものだ」と述べた。

  • 内田俊一
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
  • メルセデスベンツ S300h《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ