ホンダ、熊本で50ccスクーター「ジョルノ」を生産

モーターサイクル レスポンス

ホンダは9月11日、二輪車の生産拠点である熊本製作所(熊本県大津町)で国内向けの50ccスクーター『ジョルノ』の新モデルのラインオフ式を開いた。国内生産拡充策の一環であり、中国から生産を移した。

新型ジョルノは10月に発売予定で、年間1万8000台の生産を計画している。ホンダは50cc級の二輪を国内では年10万台程度販売しているが、9割以上を海外で生産してきた。

ジョルノに続き2016年には、ベトナムで生産中の『ダンク』と『タクト』の50ccスクーターも順次、熊本に生産移管する計画だ。3モデル合計で、16年度には7万台程度の生産を見込んでいる。

二輪事業本部長の青山真二取締役執行役員はラインオフ式で「新型ジョルノは日本生産回帰につながる第1弾になる。熊本製作所ではコミューターから大型までと生産方式が異なる車種を同時に生産し、チャレンジングな取り組みを進める。多くのお客様に提供できるよう努力していきたい」と述べた。

熊本製作所はホンダの国内唯一の二輪工場で、最近は250cc級以上の中・大型を中心に生産してきた。14年度の生産規模は14万4000台だったが16年度には21万4000台程度と1.5倍に拡大する。

  • 池原照雄
  • ホンダ 二輪事業本部長 青山真二 取締役執行役員《撮影 池原照雄》
  • ホンダ『ジョルノ』 新モデルラインオフ式《撮影 池原照雄》
  • ホンダ・ジョルノ
  • ホンダ・ジョルノ
  • ホンダ・ジョルノ
  • ホンダ・ジョルノ
  • ホンダ・ジョルノ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ