ホンダ青山取締役、二輪の国内生産移管は全ての領域で検討

モーターサイクル レスポンス

ホンダの二輪事業本部長である青山真二取締役執行役員は9月11日、二輪車の国内生産移管について、同日開始した50cc級だけでなく、排気量の大きい中型車なども検討していると明らかにした。

ホンダは同日、50ccスクーターの国内移管第1弾となった『ジョルノ』のラインオフ式を熊本製作所(熊本県大津町)で開いた。青山氏は記者団との懇談で、同モデルの国内移管の背景として「トータルのコストでは(ベトナムや中国より)日本は高くなくなっている」ことを挙げた。

生産コスト面だけでは、なお海外が有利な場合があるものの、青山氏は「物流費や品質対応費用などを含めると日本生産のメリットは十分ある」と指摘した。そのうえで排気量のより大きいモデルについては、「決定したものはないが、全ての領域で検討は行っている」と語った。

また、青山氏は「生産の基本は地産地消」として、需要地生産を重視する方針も強調。国内で一定の需要があるのに輸入している製品の国内生産移管を、鋭意検討する意向を示した。

  • 池原照雄
  • ホンダ 熊本製作所 ジョルノ生産ライン《撮影 池原照雄》
  • ホンダ・ジョルノ
  • ホンダ・ジョルノ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ