【ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SV 発表】500名のゲスト招きお披露目、ヒストリックカーパレードも

新車 レスポンス

9月11日、アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンは聖徳記念絵画館(東京都新宿区)において、ランボルギーニ『アヴェンタドールLP750-4SV』ローンチパーティを開催。アヴェンタドールLP750-4SVのお披露目とともに、ランボルギーニのパレードなどが行われた。

アヴェンタドールLP750-4SVは、クーペが600台、ロードスターが500台の世界限定モデルだが、既に両モデルとも完売しているという。アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパン代表のエジナルド・ベルトリ氏は、「日本での販売台数は公表できない」としながらも、「日本からの注文がかなり大きな割合を占めており、非常に満足している」と述べる。

アヴェンタドールLP750-4SVは、標準の『アヴェンタドールLP700-4』よりも50hpパワーアップした750hpの出力を誇り、一方50kg軽量化されクーペで1525kg、ロードスターで1575kgとなった。その結果、最高速度は350km/h以上、0-100km/hは2.8秒(ロードスターは2.9秒)を記録した。

今回のイベントの位置づけについてエジナルド氏は、「日本のユーザーやファンに敬意を表し、そういった方々に捧げるイベントを開催したかったことと、アヴェンタドールLP750-4SVのクーペとロードスターの両方を揃えてお披露目したかった」とコメント。

また、「ランボルギーニの歴史の中でもスーパーヴェローチェ(SV)の名を冠したモデルは過去、『ミウラ』、『ディアブロ』、『ムルシエラゴ』の3台しかなく、12気筒モデルにだけSVモデルが設定されていた。このSVモデルを出すということは、本当に特別なことで、ベスト中のベストだ」とした。

当日はローンチパーティに先駆けてミウラや『カウンタック』などのヒストリックカーから最新モデルまで約60台が東京都内をパレード。そして、パーティには500名ほどのゲストが来場し大いに盛り上がった。

  • 内田俊一
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVロードスター《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVロードスター《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVロードスター《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVロードスター《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVクーペ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVクーペ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ アヴェンタドールLP750-4SVクーペ《撮影 内田俊一》
  • パレードに出るランボルギーニ《撮影 内田俊一》
  • パレードに出るランボルギーニ《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ カウンタックLP400《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ ミウラ《撮影 内田千鶴子》
  • ランボルギーニ カウンタックたち《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニ ミウラ《撮影 内田俊一》
  • パレードに参加したランボルギーニたち《撮影 内田俊一》
  • ランボルギーニアヴェンタドールLP750-4SVローンチパーティ《撮影 内田千鶴子》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ