【ハーレー 2016年モデル】全33機種が明らかに…最上位モデル CVO リミテッドは512万円

モーターサイクル レスポンス

ハーレーダビッドソンジャパンは9月11日、都内ホテルにてメディア向け発表会を開催し、2016年モデル全33機種の全貌を明らかにした。

ヤング層にも人気がある『XL1200X フォーティーエイト』は、39mm径だったフロントフォークを49mmに大径化し、トリプルツリーも大きくなった。9本スポークのアルミキャストホイールやプレミアムリアショック、スリットの入ったニューヒートガードを新採用したほか、タンクグラフィックやシート表皮も見直され、よりスタイリッシュになっている。

ハーレーダビッドソン・アジアパシフィックのリーダー、グレッグ・ウィリス氏によると、フォーティーエイトの特徴は「力強くファットなフロントエンド」。今回のリフレッシュは、その個性をより強調したものとなった。

また、『XL883N アイアン883』も前後ホイールをアルミキャスト製9本スポークとし、リアショックをグレードアップ。エアクリーナーボックスも独自のラウンドタイプに変更し、ソロシートはタックロール調に生まれ変わっている。

注目はソフテイルファミリー全機種に、ツーリングファミリーと同スケールの「ツインカム103B」(1689cc)エンジンを搭載し、『FLS ソフテイルスリム』と『FLSTFB ファットボーイロー』の人気2機種には「Sシリーズ」と名付けられた上級仕様を設定したこと。

「Sシリーズ」には、これまで受注生産車にしか搭載されてこなかった「ツインカム110B」(1801cc)エンジンが搭載され、油圧クラッチや電子制御クルーズコントロールといった1ランク上の装備が与えられる。

さらに『ロードキング』や『ロードグライドウルトラ』といった人気モデルも復活。

価格も初めて公開され、もっともリーズナブルな『ストリート750』(ビビッドブラック)が85万円、最上級機種の『CVO リミテッド』は512万円であることがわかった。

  • 青木タカオ
  • 2016年型XL1200X フォーティーエイト。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL1200X フォーティーエイト。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL1200X フォーティーエイト。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL1200X フォーティーエイト。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL1200X フォーティーエイト。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL883N アイアン883。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL883N アイアン883。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型XL883N アイアン883。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型FLSS ソフテイルスリムS。
  • 2016年型FLSTFBS ファットボーイローS。
  • 都内ホテルで会見したハーレーダビッドソン・アジアパシフィックのリーダー、グレッグ・ウィリス氏。《撮影 青木タカオ》
  • 都内ホテルで会見したハーレーダビッドソン・アジアパシフィックのリーダー、グレッグ・ウィリス氏。《撮影 青木タカオ》
  • ソフテイルファミリー全機種に「ツインカム110B」(1689cc)エンジンを搭載。写真は2016年型『FXSB ブレイクアウト』。《撮影 青木タカオ》
  • ソフテイルファミリー全機種に「ツインカム110B」(1689cc)エンジンを搭載。写真は2016年型『FXSB ブレイクアウト』。《撮影 青木タカオ》
  • ソフテイルファミリー全機種に「ツインカム110B」(1689cc)エンジンを搭載。写真は2016年型『FXSB ブレイクアウト』。《撮影 青木タカオ》
  • 2016年型ロードキング。
  • 2016年型ロードグライドウルトラ。
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ