テスラ モデルX、9月末から納車を開始

エコカー レスポンス

米国のEVベンチャー企業、テスラモーターズの新型EV、『モデルX』。同車の納車の開始が、いよいよ迫ってきた。

これは9月2日、テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが、自身の公式Twitterページで明らかにしたもの。同CEOは、「モデルXの量産第一号車を9月29日、顧客に納車する予定」と発表している。

モデルXは『ロードスター』、『モデルS』に続くテスラの第3の市販EV。モデルXは、モデルSのEVパワートレインや車台をベースに開発されたクロスオーバー車となる。

その特徴は、後部ドアの「ファルコンウィングドア」と呼ばれるガルウィングドア。モデルXは3列シート、乗車定員7名のクロスオーバー車だが、2列目と3列目シートへの乗降性を高める目的で、ガルウィングドアが採用される。

なお、マスクCEOによると、モデルXの量産第一号車の納車式を、カリフォルニア州のフリーモント工場で行うという。

  • 森脇稔
  • テスラ・モデルX
  • テスラ・モデルXを9月29日から納車開始すると発表したイーロン・マスクCEOの公式Twitter
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ