【フランクフルトモーターショー15】アルピナ B3 Bi -Turbo に改良新型…410hpターボ搭載

新車 レスポンス

BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは9月10日、ドイツで9月15日に開幕するフランクフルトモーターショー15において、改良新型『B3 Bi-Turbo』を初公開すると発表した。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。

そんなアルピナが、BMW『3シリーズ』をベースに開発したのがB3 Bi-Turbo。今回、ベース車両の3シリーズが大幅改良を受けたのに伴い、フランクフルトモーターショー15では、B3 Bi-Turboにも改良新型モデルが登場する。

外観は、新デザインのフロントスポイラー、リアバンパーを採用。ヘッドライトやテールランプも新しい。足回りは、サスペンションやブレーキを強化。内外装もアルピナの独自テイストに仕上げられており、細いスポークデザインのアルミホイールは、アルピナの伝統。

エンジンに変更はない。直噴3.0リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンを、アルピナが独自にチューニング。チューニングの内容は、車名の由来となったツインターボ化をはじめ、専用アルミクランクケースの採用など。その結果、欧州仕様では最大出力410hp/5500-6250rpm、最大トルク61.2kgm/3000-4000rpmを獲得した。

トランスミッションはZF製の8速AT。セダンとツーリングが用意されるが、セダンの場合、0‐100km/h加速は4.1秒(4WD)、最高速は303km/h(2WD)の優れた性能を発揮する。

  • 森脇稔
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
  • アルピナ B3 Bi -Turbo の改良新型
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ