【全日本MX 第8戦】ホンダ 成田亮、パーフェクトウィンを達成

モータースポーツ レスポンス

全日本モトクロスの第8戦が9月13日、名阪スポーツランドで開催され、IAクラスで成田亮(ホンダ)がパーフェクトウィンを達成した。

ヒート1、ホールショットを小島庸平(スズキ)が奪い、これに熱田孝高(スズキ)、新井宏彰(カワサキ)、三原拓也(カワサキ)、小方誠(ホンダ)が続いた。しかし、2周目に入るフィニッシュジャンプで小方は激しく転倒。身体にダメージを負ってしまう。

一方、成田亮(ホンダ)はスタートで大きく出後れ、1周目を11番手でクリア。それでも2周目には8番手、3周目には6番手、4周目には4番手と着実に順位を上げて、小島と田中教世(ヤマハ)と熱田によるトップ争いに加わる。6周目、成田はまず熱田の攻略に成功。次周、田中をパスして2番手に浮上した成田は、トップを走る小島を猛追。11〜12周目に距離を詰め、小島にプレッシャーを与えた。すると13周目、小島が転倒して後退。これでトップに立った成田が、19周で終了したレースを独走で制した。

ヒート2は新井が好スタート。これに続いた成田は3周目に仕掛けてトップに浮上。しかし新井も粘りをみせたことから、成田は新井を引き連れたまま、星野優位(ホンダ)を先頭とする3番手以下の大集団を、4周目の段階で10秒以上も引き離した。

レース中盤に入っても、成田は序盤とほぼ変わらないラップタイムをキープ。これに対して新井のタイムは落ち、成田は次第に独走態勢を築いていった。結局、19周のレースで最大約12秒の差をつけ、成田が両ヒート制覇を達成した。

■IA1(ヒート1)

1位:成田亮(ホンダ)

2位:田中教世(ヤマハ)

3位:熱田孝高(スズキ)

4位:安原志(ヤマハ)

5位:星野優位(ホンダ)

6位:三原拓也(カワサキ)

■IA1(ヒート2)

1位:成田亮(ホンダ)

2位:新井宏彰(カワサキ)

3位:小島庸平(スズキ)

4位:熱田孝高(スズキ)

5位:三原拓也(カワサキ)

6位:深谷広一(ホンダ)

■ポイントスタンディング

1位:熱田孝高(スズキ)314P

2位:小島庸平(スズキ)309P

3位:小方誠(ホンダ)289P

4位:成田亮(ホンダ)283P

5位:新井宏彰(カワサキ)267P

6位:田中教世(ヤマハ)229P

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
  • 成田亮(ホンダ)
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ