住友理工、メキシコの自動車用防振ゴム生産拠点に新工場建設…25億円投資

業界 レスポンス

住友理工は9月15日、メキシコの自動車用防振ゴム製造子会社、TRI Anvis Mexico, S.A.P.I. de C.V. (TRAM)に第2工場を建設すると発表した。

TRAMは、住友理工が2012年に設立した現地子会社と、2013年に買収・子会社化したドイツの自動車用防振ゴムメーカー Anvis社の現地子会社とが合併し、同年12月に発足。自動車用防振ゴムの生産拠点として、各種製品を製造・供給してきた。しかし、拡大が続くメキシコ市場での需要増に対応するため、新たな生産能力の確保が急務となっている。

新工場は、既存の第1工場に近く、多くの自動車メーカーが集積するケレタロ州内に建設。敷地面積は約8万平米、建屋面積は約8000平米、投資額は2100万米ドル(約25億円)。2017年2月に操業を開始し、2018年度に5000万米ドル(約60億円)の売上を見込む。

住友理工グループは、新工場を建設することで、生産能力の拡充と、工程の内製化による価格競争力強化を図るとともに、米州全域の自動車市場を視野に、高い品質の製品を効率的に製造・供給できる体制の構築を目指す。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 自動車用防振ゴム
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ