宇部興産、リチウムイオン電池用セパレータの生産能力を4割増強

業界 レスポンス

宇部興産は、車載用リチウムイオン電池の需要増大に対応するため、宇部ケミカル工場(山口県宇部市)と堺工場(大阪府堺市)でセパレーター製造能力を増強すると発表した。

リチウムイオン電池は、ハイブリッド自動車(HV)やプラグインハイブリッド自動車(PHV)、電気自動車(EV)などの車載用途での需要増大が予想されることから、生産能力を増強する。

今回、第1ステップとして宇部ケミカル工場の既存設備を再構築し、能力増強を実施する。2016年7月に完工する予定。第2ステップでは堺工場に新規設備を設置し、こちらは2017年6月に完工する予定。

宇部、堺両拠点の生産能力を現行比40%増の合計2億平方メートルに拡大する。これら生産能力の増強で、需要増大にタイムリーに対応し、拡大する車載用途向け需要をキャッチアップしていく。

また、2020年頃までには、現行比倍増となる3億平方メートル規模へと能力を段階的に引き上げることも検討する。

宇部興産は1994年に宇部ケミカル工場でセパレーターの生産を開始し、リチウムイオン電池市場の伸びに応じて段階的に能力を増強してきた。2013年には新たに堺工場でも生産を開始し、供給安定性を図りながら需要の増大に対応してきた。

同社のセパレーターは、乾式製法を特徴として、既に車載用として多くの採用実績を持つ。2011年に設立した日立マクセルとの合弁会社宇部マクセルでは、両社の技術力融合により、高信頼性をはじめとする多様な性能を持つ高機能塗布型セパレーターを生産している。電解液事業では添加剤の開発力を強みとして、グローバルな事業展開を進めている。

今後も、世界的な市場拡大が見込まれる車載用途を中心に、電池材料事業の拡大を目指す。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ