デンソー、ガソリンインジェクターの累計生産10億本…43年で達成

業界 レスポンス

デンソーは、ガソリンインジェクター(ポート噴射式)のグローバル累計生産10億本を達成した。同社は、1972年からガソリンインジェクターの生産を開始しており、43年間での達成となる。

デンソーでは、クルマの排ガス浄化のニーズに対応するため、1972年に電子制御式ガソリン噴射装置の量産を開始し、インジェクターについても、同年に量産を開始。その後も、排出ガス規制の強化と燃費向上ニーズに対応するため、製品の高性能化と小型・軽量化に取り組み、1999年には12個の噴射孔を持つインジェクターを世界で初めて量産した。

インジェクターの海外生産は1998年からで、米国テネシーに初の生産拠点を立ち上げ、その後、アジア、欧州と生産を拡大。現在、日本を含め、世界6か国で生産しており、西尾製作所はマザー拠点としてグローバルの生産を牽引している。

また1996年からは、直噴エンジン用の高圧インジェクターも開発、量産しており、2010年には世界最高レベルの噴霧微粒化を実現。現在では、日本、米国、欧州のカーメーカーに採用されている。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ