FCA、19万台をリコール…ステアリング部品の溶接が不充分

業界 レスポンス

米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は9月10日、ステアリング系統の不具合により、米国を中心に約19万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、ステアリング部品のブラケットの溶接が不充分なために行われるもの。FCA USによると、溶接が剥がれた場合、ステアリングの反応が低下するという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した事故を1件把握。ただし、負傷者の報告はない、としている。

リコールの対象となるのは、2013年モデルのラム『3500』、2014年モデルのラム『2500』『3500』。米国では15万6498台、カナダでは2万0603台、メキシコでは1万3236台、NAFTA地域外が3241台。合計で19万3578台がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、点検および修理を行う。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ