レクサス RC、2リットル直噴ターボモデルを追加…最高出力245ps

新車 レスポンス

レクサスは、スポーツクーペ『RC』にターボエンジン搭載モデル「RC200t」を新たに設定したほか、『RC350』『RC300h』を一部改良し、10月1日に発売する。

RC200tは、最高出力245psを発生する2リットル直噴ターボエンジンを搭載。ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかな加速フィーリングを実現した。

トランスミッションには8-Speed SPDS(8速スポーツダイレクトシフト)を搭載し、本格的なスポーツドライビングを提供する。また、フロントパフォーマンスダンパーを標準装備し、ハンドリング特性をシャープにすることで、高い操縦安定性を確保した。

スポーティ仕様の「RC200t F SPORT」には、後輪左右の駆動トルクを適切に配分し、高い走破性と優れた操縦安定性を実現するトルセンLSDとF SPORT専用オレンジブレーキキャリパーをオプション設定した。

また、一部改良として、「RC350 F SPORT」には、フロントパフォーマンスダンパー、トルセンLSD、F SPORT専用オレンジブレーキキャリパーをオプション設定した。

そのほか、外板色には、ソニッククォーツを新たに加えた全10色を設定した。

価格は521万円から678万円。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • レクサス RC200t
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ