富士通テン、業務用ドライブレコーダー G500シリーズ発売…ヒヤリハット画像自動抽出機能搭載

テクノロジー レスポンス

富士通テンは、業務用ドライブレコーダー「アヴィアスレコーダー」の新商品として、クラウドと連携し安全運転を効率的に支援する「G500シリーズ」を9月18日より発売する。

新商品は、業界最大クラスの1/2.7インチCMOSセンサーを搭載。車両ナンバーなどの細かい情報を逃さない高画質記録を可能とした。また走行中に撮影した記録画像の中からヒヤリハット画像を自動抽出する画像自動解析機能を業界初搭載。抽出した画像は、地点とともにその要因を強調表示してくれる。

また、自車両と車線までの距離計測による「ふらつき(車線逸脱)検知機能」と、前方車両との車間距離を計測する「車間距離検知機能」を新たに搭載する。計測値は時系列に保存され、時間帯別のふらつき度合いの傾向や速度別の車間距離の傾向など、ドライバー毎の運転特性を分析して、安全運転指導・教育に活用できる。

ふらつきや車間距離に加え、車両の位置、速度や急加速/急減速などのデータと、業務開始/終了、荷物積み込み/卸しなど作業状態のデータは、通信ユニット(オプション品)を接続してクラウドに集約可能。リアルタイムで車両の位置や動態を事務所のPCでも確認でき、ドライバーに速やかに運行指示や安全運転指導が行うことができる。

さらに、トラック荷室の温度センサーやアルコールチェッカーなどを接続して、業務・運用状況に応じたカスタマイズを行える機能も備えている。

新製品はドライブレコーダー専用モデルの「DRU-5010」と、デジタコ搭載モデル「DRD-5020」(12月下旬発売)をラインナップ。10月29日に開幕する「第44回東京モーターショー2015」に出展する。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • OBVIOUSレコーダーG500
  • 危険車間距離診断表
  • システム概要
  • ふらつき診断表
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ