【フランクフルトモーターショー15】音声認識でドライブを安全・便利にサポート…ニュアンスコミュニケーションズ

テクノロジー レスポンス

音声認識ソフトのベンチャー系企業、ニュアンス・コミュニケーションズ社(ニュアンス社)は、フランクフルトモーターショー15に出展。車載向け音声認識ソリューション「Dragon Drive」を使ったデモを行った。

Dragon Driveは、車載器やスマートフォンを通じてニュアンス社が開発した音声認識・音声合成技術を使い、クラウド側にある様々なサービスと組み合わせることで実現する。日本では2013年よりトヨタの「smart G-BOOK(現在のT-Connect)」において採用実績があるが、海外でも複数の自動車メーカーへの納入実績を持つ。今後、日本車メーカーに対してさらなる採用を働きかける。

会場は、フランクフルトモーターショー15の会場内に用意された「NEW MOBILITY WORLD」の一角にあり、モーターショーの前半を使ってデモが展開される。その内容は運転中でもカーナビの画面を注視することなく安全にコマンド入力ができるよう、一度の発話で認識するというもの。声紋を認識することによって、システム利用のパーソナライズと同時に、セキュリティ上も有効であることも強調していた。

ニュアンス社は9月に入り、ダイムラー社のコネクテッド型アプリ及び自然言語を使ったインターフェースに同社技術が採用されたと発表。それを裏付けるかのように、プレスデー2日目の16日にはダイムラー社の担当役員が会場を訪れて同社デモを熱心に聞き入っていた。ダイムラー社は9月以降発売される新型車に、順次このシステムを搭載予定だという。

  • 会田肇
  • システム利用は本人認証のための登録作業からスタートする《撮影 会田肇》
  • デモはその都度担当者が同乗し、音声認識システムの利用法について解説してくれた《撮影 会田肇》
  • カーナビの目的地検索や聴きたい音楽の検索にきわめて有効であることを実感《撮影 会田肇》
  • 取材時には「Dragon Drive」を採用したダイムラー社の電装系担当役員が会場を訪れていた《撮影 会田肇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ