【自動認識総合展15】さらなる効率化へ、輸送容器の管理システムを参考出品…デンソーウェーブ

業界 レスポンス

デンソーウェーブは「自動認識総合展2015」にリターナブル輸送容器を管理するシステム「通箱管理システム」を参考出品した。これは部品などを入れた容器をすべて管理することによって、無駄をなくし、効率化を図ろうというものだ。

「ほとんどすべての自動車工場で言えることなんですが、部品はしっかり管理されているのに、それを入れている容器ついてはほとんど無関心で管理されていないんです。したがって、空の容器がどこにいくつあるか把握できていないのが実情なんです」と同社関係者は話す。

部品メーカーから別の部品メーカーや完成車メーカーへ輸送された容器がすべて戻ってこないこともしばしばあるそうだ。その結果、あるところには空の容器が多くあり、別のところでは足りないといったことが起こり、足りないところは新たに容器を発注してしまう。1円単位でコストダウンを進めている自動車工場では、効率的ではない。

そこで、デンソーウェーブはRFIDを活用して、容器を管理するシステムを開発した。RFIDとは、電波を用いてRFタグのデータを非接触で読み書きするシステムのことで、容器ひとつひとつにタグを貼り、入出庫の際にそれを自動で読み取る。そうすれば、どこに容器があるかわかり、無駄もなくなるわけだ。

「まずはデンソー社内で使っていき、実績をつくったところで外部に売り込んでいくつもりです。2〜3年後には普及させていきたい」と同社関係者。QRコードのように、デンソーウェーブが開発したこのシステムが今後いろいろな分野で使われるかもしれない。

  • 山田清志
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ