【リコール】ハーレー ストリートグライドスペシャル など7車種、クラッチが切れなくなるおそれ

モーターサイクル レスポンス

ハーレーダビッドソンジャパンは9月18日、『ストリートグライドスペシャル』などのクラッチマスターシリンダーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『ウルトラ リミテッド』『エレクトラグライド ウルトラ クラシック ロー』『ウルトラ リミテッド ロー』『ストリートグライド スペシャル』『エレクトラグライド』『ウルトラ クラシック』『ロードグライド スペシャル』『CVOストリートグライド』の7車種で、2015年1月5日から7月21日に輸入された計1028台。

油圧式クラッチのマスターシリンダーにおいて、加工時の内部洗浄が不適切なため、製造時に使用する化学薬品が除去できていないものがあることが判明。ブレーキフルードと化学薬品の混合液がマスターシリンダー内部のアルミ地と化学反応を起こし、ガスの泡が発生するものがある。そのため、発生したガスがマスターシリンダー内部に溜まった状態でクラッチ操作をすると、クラッチが切れない状態となるおそれがある。

改善措置として、全車両、クラッチシステムを分解、指定の洗浄液で洗浄し、新品のマスターピストンを使って組み立てる。また、マスターシリンダー内部に腐食が見られる場合は、マスターシリンダーを正しく洗浄された部品と交換する。

不具合、事故ともに発生していない。本国メーカーからの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ