法人向けリース国内市場は拡大続く、2035年には352万台…矢野経済調べ

業界 レスポンス

矢野経済研究所は、国内の法人向けオートリース市場の調査を実施、その結果を「2015年版 オートリース市場の現状と展望」にまとめた。

調査はオートリース主要企業、自動車メンテナンス受託企業(整備業者)、入札会場運営企業、リース車両使用企業等を対象に、2015年6月〜8月の期間、同社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、オートリース企業に対するアンケート調査ならびに文献調査併用して行った。

調査結果によると、2015年度末時点の法人リース車両保有台数は2014年度末比2.4%増の317万台を見込む。大口ユーザーの減車傾向に歯止めがかかる中、大手オートリース会社を中心に車両保有台数50〜100台程度の法人ユーザーの新規開拓が進んでいることから、法人リース車両保有台数は増加すると予測している。

法人向けオートリース市場の今後については、労働人口減少による法人ユーザーの車両保有台数減少が法人リース車両保有台数の減少へと連鎖することで、市場の縮小が懸念されている。しかし、市場拡大の余地が多く残されている中口〜小口ユーザー、ノンフリートユーザーへの積極的な営業展開によって、新規顧客の開拓が期待されることから、法人リース車両保有台数は増加するものと考える。その結果、法人リース車両保有台数は2020年度末時点で337万台、2025年度末時点で352万台になると予測する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ