【フランクフルトモーターショー15】スズキ バレーノ、超軽量化を求めた次世代プラットフォーム

新車 レスポンス

スズキは新型コンパクトカー『Baleno(バレーノ)』を、9月15日より開催中のフランクフルト国際モーターショーでワールドプレミアした。3月に開催されたジュネーブショーで公開されたコンセプトカー『iK-2』の市販モデルで、欧州市場には2016年春より投入する。

基本デザインはスズキが掲げるデザインテーマ「Liquid Flow(リキッドフロー)」に基づくもので、強い凝縮感から解放されたスタイリッシュさを特徴とする。

ボディのサイズは、標準的なモデルで3995(全長)×1745(全幅)×1470(全高)mm。インテリアは、広々感を作り出すために前席ショルダールームと後席レッグルームに十分なゆとりを確保。なかでも見逃せないのがカーゴルームの広さで、多彩なアレンジと共にクラストップの容量355リットルを実現している。

「スイフトはカーゴルームの狭さを指摘する声が多かっただけに、(バレーノは)ゴルフバッグやベビーカーも十分入る設計にした(チーフエンジニア 伊藤邦彦氏)」のだという。

注目すべきは超軽量の次世代プラットフォームを採用したという点だ。これは新型アルトにも採用されたプラットフォームをベースにしており、バレーノは“Bセグ”としては初めて次の採用モデルとなる。その追求はプラスチック材料にまで及び、その結果、「最もベーシックなMT車でスイフトよりも100kgほど軽い865kgを実現できた(伊藤氏)」という。これは軽乗用車の重量に匹敵する数値だ。

エンジンもバレーノ用として1.0リットルの直噴ターボ「ブースタージェットエンジン」を新開発。その他、新型ソリオにも搭載された1.2リットル「デュアルジェット エンジン」、ISG(モーター機能付き発電機)を組み合わせたマイルドハイブリッドシステム「SHVS」の1.2リットルデュアルジェットエンジンの計3種類をラインアップした。

衝突被害軽減ブレーキミにはミリ波レーダー方式を組み合わせた「レーダーブレーキサポート」を採用し、レーダーで前方車両との距離を測り自動で加減速するアダプティブクルーズコントロールが組み合わされる。また、AVシステムにはiPhoneと連携させて使う「CarPlay」に対応したディスプレイオーディオを搭載。システムはボッシュ製で、地図データはTomTomから供給される。

超軽量な次世代プラットフォームと、直噴ターボエンジンを新開発するなど、スズキの欧州市場への意気込みを感じさせるクルマに仕上がった。特にスズキにはハンガリーで生産されているスイフトと『SX4 S-CROSS』の間を埋める車種がなかったわけで、バレーノはその隙間を埋めるために登場したと見ていい。生産は全量をバレーノのメイン市場となるインドで行い、 「日本への導入は未定(伊藤氏)」だという。

  • 会田肇
  • 新開発1.0リッターの直噴ターボ「ブースタージェットエンジン」《撮影 会田肇》
  • バレーノ開発のチーフエンジニア 伊藤邦彦氏《撮影 会田肇》
  • インフォテイメントシステムはボッシュ製《撮影 会田肇》
  • CarPlayにも対応する《撮影 会田肇》
  • ステアリングの右側には衝突被害軽減ブレーキのスイッチが配置される《撮影 会田肇》
  • 想像以上に視界が広かった運連席周り《撮影 会田肇》
  • スイフトよりもカーゴスペース容量を大幅に増やした《撮影 会田肇》
  • バレーノのリアビュー《撮影 会田肇》
  • 「BALENO」の下に新ロゴマーク「SHVS]も配置されていた《撮影 会田肇》
  • 1.0リッターの直噴ターボ「ブースタージェットエンジン」搭載車《撮影 会田肇》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ