VW、米排出ガステスト問題でCEOが謝罪「信頼回復に全力」

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループオブアメリカが、米国の排出ガステストをクリアする目的で、違法なソフトウェアを使用していた問題。この件で、同社のトップが謝罪している。

この問題は9月18日、米国EPA(環境保護庁)が明らかにしたもの。フォルクスワーゲングループオブアメリカは、米国の排出ガステストの際、違法なソフトウェアを使用。このソフトウェアはテスト時に、排出ガス浄化機能をフル稼働できる。

しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、米国の排出ガス基準の10-40倍にも達するという。

9月20日、フォルクスワーゲングループのマルティン・ヴィンターコルンCEOは声明を発表。「顧客および社会の信頼を壊したことを、深くお詫びする」と謝罪した。

さらに、同CEOは、「当局の調査には、全面的に協力する。顧客からの信頼回復に、全力を尽くしたい」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • フォルクスワーゲン ゴルフ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ