【ボルボ ポールスターパッケージ】パートナーシップが生んだ「Drive-E」パワートレーン

業界 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンは新世代パワートレイン、Drive-Eのディーゼル仕様D4とガソリン仕様のT5に「ポールスターパフォーマンスパッケージ」を追加した。このパッケージは、ロムチューンによる後付けのアクセサリー商品。D4であれば、出力で10ps、トルクは40Nmアップすることが可能だ。

1996年創業のポールスターは、当時ボルボとは資本関係はないものの、ボルボのオフィシャルパートナーとして、主にレース活動を行う会社だった。様々なツーリングカーレースで戦績を収め、2009年からオフィシャルパフォーマンスパートナーとして、ロムチューンの商品などにビジネスの幅を広げてきた。その後、2015年7月にボルボがポールスターの株式を取得し、傘下に収め現在に至っている。

もともとポールスターは、レーシング部門と、ソフトウエアや製品開発を行うビジネス部門の大きく2つに分けられ、そのうち、ビジネス部門とブランド名がボルボの傘下に入った。残ったレーシング部門は、シアンレーシングという新しい名の下、ボルボでレース活動を続行し、メーカーとの連携も緊密に続けていくという。

ボルボ・カー・ジャパン、マーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也さんは、「これまでも、これからもボルボとポールスターは強い信頼関係のもと、良好なパートナーシップを歩んで行く」と岡田さん。その一例として、「レーシングカーを開発する際にはボルボの風洞実験室を利用したり、その他の研究開発設備を使いながら、本格的な開発を行っている」と話す。

更にボルボの新パワートレイン、Drive-E開発のかなり初期段階からポールスターは関与していた。岡田さんによると、「2011年のWTCCに参戦した『C30』のレーシングカーのエンジンはDrive-Eパワートレインのかなり初期のプロトタイプをベースに作ったレーシングエンジンだった」と明かす。そして、「市販用のDrive-Eパワートレインの開発にも、ポールスターの意見やノウハウが反映されている」と述べた。

ここ数年のポールスターは、いくつかレーシングカーを開発し、コンセプトカーも作ってきた。そして昨年、ポールスター初のコンプリートカーとして『S60ポールスター』、『V60ポールスター』を導入。今年もこの第2弾を既にリリースしており、日本でも発売をしている。

  • 内田俊一
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
  • ボルボ V60 D4 R-DESIGN ポールスターパフォーマンスパッケージ《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ