【ルノー ルーテシアRS トロフィー 発表】新たなシャシーとステアリングラックを採用

新車 レスポンス

ルノー・ジャポンが11月12日より発売する『ルーテシアルノー・スポール(以下ルーテシアRS)』のトップグレード『ルーテシアRSトロフィー』のコンセプトは、“CAUSING SENSASIONS”だという。

これは、「情熱的なエンスージアストに応える本物のスポーツカーというコンセプトだ」と説明するのは、同社マーケティング部の近棟伸邦さんだ。

このトロフィーの特長は4つある。「まず息をのむ加速。そして、ダイレクトなステアリング。正確なハンドリング。走りの情熱を表すデザインだ」という。

息をのむ加速については、ターボを大型化し、新開発のエキゾーストエンドなどにより、最高出力は20馬力アップの220馬力。トルクは20Nmアップの260Nm。許容回転も300回転上がって6800回転までになった。

そして、このパワーを受け止めるシャシーは専用の“ロー・トロフィー・シャシー”を採用。従来の硬めの足周りとして導入していたシャシーカップと比較し、フロントが20mm、リアは、10mmダウン。硬さは40%アップしており、「路面からより多くの情報が得られ、クルマの動きがよりドライバーに伝わるので、正確なハンドリングが実現出来ている」と話す。

また、ホイールとタイヤも専用だ。ホイールサイズはシャシーカップと共通の18インチだが、「新たにダイヤモンドカットデザインのRADICALというスポーティなデザインのホイールを用意した」。タイヤはミシュランパイロットスーパースポーツで、「アウトサイドとインサイドでラバーを変更したデュアルラバーベーステクノロジーが特徴だ」という。

ステアリングに関しては、新採用のステアリングラックとともに、ステアリングギア比を14.5:1から、13.2:1へと低められた結果、「よりダイレクトでクイックなステアリング感覚を楽しんでもらえるだろう」とコメントした。

今回トロフィーを導入するにあたり、ラインナップが変更された。これまでの、シャシーカップとシャシースポールの2グレードだったものから、シャシーカップを廃止し、より高性能なトロフィーとシャシースポールの2本立てとなり、価格は、トロフィーが329万5000円。シャシースポールは307万5000円(据え置き)となった。

  • 内田俊一
  • フェルスタッペン選手がドライブするルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • フェルスタッペン選手がドライブするルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • ルノー ルーテシアルノースポール トロフィー《撮影 内田俊一》
  • フェルスタッペン選手《撮影 内田俊一》
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ