VWの違法ソフトウェア問題、対策に65億ユーロを計上…決算に影響

業界 レスポンス

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループが、排出ガス試験をクリアするために、違法なソフトウェアを使用していた問題。この問題が、同社の経営に大きな影響を与え始めた。

これは9月22日、フォルクスワーゲングループが明らかしたもの。同社は、「顧客の信頼回復のために必要なサービスなどの費用として、2015年の第3四半期に、およそ65億ユーロ(約8700億円)を計上する計画」と公表している。

この問題は9月18日、米国EPA(環境保護庁)が発表。フォルクスワーゲングループが、米国の排出ガステストの際、違法なソフトウェアを使用。このソフトウェアはテスト時に、排出ガス浄化機能をフル稼働できるものだった。

しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、米国の排出ガス基準の10-40倍にも到達。その後、同社は米国の約48万台だけでなく、全世界の約1100万台に、同様のソフトウェアが装着されている可能性を示唆していた。

フォルクスワーゲングループは、「当局の調査が進行中のため、およそ65億ユーロの対策費用が膨らむ可能性がある。それによって、2015年の収益目標を調整する予定」とコメントしている。

  • 森脇稔
  • マルティン・ヴィンターコルンCEO《写真 Getty Images》
  • フォルクスワーゲン ゴルフ米国仕様
  • フォルクスワーゲン ジェッタ
  • アウディA6 TDI
  • アウディ Q7 ウルトラ3.0TDIクワトロ
goo 自動車&バイク:
トップ
中古車販売店
車買取
車検・整備
自動車保険
自動車カタログ
バイク
バイク買取
ニュース
試乗レポート
特集
まとめ